未来アイデア発想支援メソッド

環境、人口、市場、テクノロジーなど、2030年代には大きな社会変化が予想されています。企業が次のビジネスを構想するには、社会変化にともなう事象の変化を捉えるだけでは不十分です。人と暮らしの変化まで見据えて、自ら未来を創っていく姿勢が重要です。

未来アイデア発想支援メソッドは、企業が中長期のビジネスを発想する上で必要な情報(社会・技術・人や暮らしの未来)を集約・体系化し、独自のフレームを用いたワークセッションを通じて、ビジネスの未来のアイデアを創り出していきます。2030年代に向けたビジネスや商品アイデアの発想支援などに活用可能です。

環境、人口、経済、テクノロジーなどのこれからを予測したデータや識者知見を広く収集・分析し、独自の視点で体系化して、企業が未来を考えるために必要な情報を提供します。(「100の未来予測」「ファクトカード」「業種別事例やレポート」)さらに、社会変化にともなう人や暮らしの変化を予測し、将来の社会でより受け入れられるビジネスアイデアにつなげます。(「コミュニケーションモチベーター」「暮らしの未来」各種アイディエーションフレーム)

2030年代に向けた新規ビジネス・商品開発などの発想支援に活用可能です。
生活者を理解し、多様かつ専門的な知見を持つラボメンバーが、企業のためのユニークな未来構想とアイデア創りを支援します。

Consumer DX Start Pack
新着記事 人気記事
ビジネスマンのための未来予測入門
第5回 未来を予測することの意味
Consumer DX Start Pack
新着記事 人気記事
ビジネスマンのための未来予測入門
第5回 未来を予測することの意味